Liquidsのロゴ Liquids

0

venvによる仮想環境の使用方法【Python】

Python

venvでは仮想環境を作成することができます。
仮想環境を作成することで、独立してパッケージを管理することが可能です。

また、venvはPythonに標準でインストールされているため、別途インストールは必要ありません。

venvによる仮想環境は以下のコマンドで作成できます。
また、仮想環境名としてはvenvがよく使用されます。

python3 -m venv <仮想環境名>

このコマンドを実行したディレクトリに指定して仮想環境名でフォルダーが作成されます。

venvで作成した仮想環境を有効化する方法を紹介します。

source <仮想環境名>/bin/activate
<仮想環境名>/Scripts/activate

仮想環境に入ると、シェルの左端に現在の仮想環境名が表示されるはずです。

有効化したvenvの仮想環境を無効化する方法を紹介します。
使用の終わった仮想環境を無効化して抜けるには、シェルでdeactivateと入力します。
こちらは、Mac, Linux, Windowsともに共通です。

deactivate

Liquidsのロゴ Liquids

Liquidsは誰でも投稿・編集ができる技術Wikiコミュニティ📝です。

あなたもLiquidsで技術Wikiを
書いてみませんか?