Liquidsのロゴ Liquids

クラス内で自身を型アノテーションに使用する【Python】

Python

クラス内で自身を型アノテーションに使用するには2通りの方法があります。

型アノテーションをクオーテーションで囲むことで、クラス内で自身を型アノテーションに使用することができます。

また、クオーテーションはシングルクオーと(’)でもダブルクオーと(”)のどちらでも構いません。

class Writer:

    def writer1(self, writer: 'Writer') -> 'Writer':
        return writer
    
    @classmethod
    def writer2(cls) -> 'Writer':
        writer2 = Writer()
        return writer2

from __future__ import annotationsをファイルの先頭に記述するとクラス内で自身をアノテーションに使用することができます。

from __future__ import annotationsはファイルの先頭に記述する必要があります。

from __future__ import annotations

class Writer:

    def writer1(self, writer: Writer) -> Writer:
        return writer
    
    @classmethod
    def writer2(cls) -> Writer:
        writer2 = Writer()
        return writer2
Liquidsのロゴ Liquids

Liquidsは誰でも投稿・編集ができる技術Wikiコミュニティ📝です。

あなたもLiquidsで技術Wikiを
書いてみませんか?