Liquidsのロゴ Liquids

レスポンスにHTTPヘッダーを追加【FastAPI】

FastAPI
Python

エンドポイントを定義する関数の引数へResponseによるアノテーションを行うことで、レスポンスのオブジェクトを得ることができます。

このレスポンスのオブジェクトを操作することでレスポンスのカスタマイズが可能です。

具体的には、レスポンスオブジェクトのheadersを操作します。

headersは辞書型のように扱うことができ、キーにHTTP ヘッダー名、値にHTTP ヘッダーの内容を与えます。

main.py
from fastapi import FastAPI, Response app = FastAPI() @app.get('/') def index(response: Response): response.headers['Set-Cookie'] = 'testkey=testvalue;' return { 'test': 'response' }

開発者ツールで確認してみると、レスポンスにヘッダーが追加されていることが確認できます。

目次

Liquidsのロゴ Liquids

Liquidsは誰でも投稿・編集ができる技術Wikiコミュニティ📝です。

あなたもLiquidsで技術Wikiを
書いてみませんか?