Liquidsのロゴ Liquids

0

リダイレクトを行う【FastAPI】

FastAPI

FastAPIでリダイレクトを行うにはFastAPIのRedirectResponseを使用します。

RedirectResponseにはリダイレクト先を与えます。
リダイレクト先はURLで指定しても良いですし、FastAPIで建てているAPIのパスでも良いです。

from fastapi import FastAPI
from fastapi.responses import RedirectResponse

app = FastAPI()

@app.get('/target')
def target():
    return 'TEST'

@app.get('/redirect1')
def redirect1():
    return RedirectResponse('https://google.com')

@app.get('/redirect2')
def redirect2():
    return RedirectResponse('/target')

リダイレクトを表すステータスコードはいくつかあります。
301(Moved Permanently)や307(Temporary Redirect)です。

RedirectResponseではデフォルトで307がステータスコードとして設定されています。

307以外を使用したい時にはstatus_codeオプションを使用します。

@app.get('/redirect2')
def redirect2():
    return RedirectResponse('/target', status_code=301)

HTTP リダイレクトの詳細についてはMDNのドキュメントをご覧ください。

Liquidsのロゴ Liquids

Liquidsは誰でも投稿・編集ができる技術Wikiコミュニティ📝です。

あなたもLiquidsで技術Wikiを
書いてみませんか?