Liquidsのロゴ Liquids

PostgreSQLをDockerで利用する方法

PostgreSQL

下記のcompose.yamlを使用することで、PostgreSQLを利用できる。

services:
  db: 
    image: postgres:latest
    container_name: postgresdb
    ports:
      - 5432:5432
    environment:
      - POSTGRES_HOST_AUTH_METHOD=trust

PostgreSQLのイメージは
DockerHub - PostgreSQL
を参照

TODO

TODO

まずは下記コマンドをcompose.yamlがあるディレクトリで実行し、PostgreSQLを起動する。

docker compose up -d

起動したら、psqlを使用して接続する。
こちらの compose.yaml をローカルホストで使用している場合は次のコマンドで接続できる。

psql -h localhost -p 5432 -U postgres

PostgreSQLのイメージのLinuxにはデフォルトでpsqlがインストールされているので、psqlがローカルPCにインストールされていない場合はコンテナに入ることで利用できる。

# コンテナのbashを利用
docker compose exec -it <サービス名> bash

# 利用に成功すると下記のような表示になる
root@7d00a8388dfb:/# 

# ここで、psqlコマンドを使用する
root@7d00a8388dfb:/#  psql -h localhost -p 5432 -U postgres
Liquidsのロゴ Liquids

Liquidsは誰でも投稿・編集ができる技術Wikiコミュニティ📝です。

あなたもLiquidsで技術Wikiを
書いてみませんか?