Liquidsのロゴ Liquids

型エイリアスの使い方【Python】

Python

Python3.12からtype文が追加され、従来代入によって行われていた型エイリアスを明示的に行うことができるようになりました。

# 数値
type number = int | float
# XY座標
type XYCoordinate = tuple[number, number]

また、3.12でも3.11以前の代入による型エイリアスを行うことも可能です。

型エイリアスは代入によって作成できます。

# 数値
number = int | float
# XY座標
XYCoordinate = tuple[number, number]

型エイリアスは代入なので、一見他の代入と見分けが付きずらいです。

型エイリアスであることをアノテーションするには、typingTypeAliasを使用します。

from typing import TypeAlias

# 数値
number: TypeAlias = int | float
# XY座標
XYCoordinate: TypeAlias = tuple[number, number]

Liquidsのロゴ Liquids

Liquidsは誰でも投稿・編集ができる技術Wikiコミュニティ📝です。

あなたもLiquidsで技術Wikiを
書いてみませんか?